最終更新日: 2021年6月16日

豊田中央研究所で研究職をしています.研究トピックとして以下のものがあります.
- 数理最適化技術の実問題への応用 (配車など)
- 単純なベクトルデータ以外のデータを対象とした機械学習・データマイニング・人工知能技術
- 知的データ処理・データ工学の基盤技術 (データ構造,アルゴリズムなど)
略歴等については 日本語版CV (PDF) を参照ください.

A web page by Kesiuke Otaki, a researcher at Toyota Central R&D Labs., Inc., whose research interests are
- An application of mathemathical optimization methods for problems in the real-world,
- Machine learning, data mining, and artificial intelligence methodologies for non-structured data, and
- Fundations (e.g., algorithms, data structures, etc.) for intelligent data analysis.
My english CV is here (PDF)

Upcoming activities

T.B.A.

過去のイベント

2021/6/8-11 JSAI2021 (オンライン開催, 座長・聴講)
2021/1/27-28 SIG-FPAI#115 (オンライン開催,聴講)
2020/11/18-20 PRIMA2020 (オンライン開催,聴講&発表)
2020/9/7-10 ALGO2020 (オンライン開催,聴講)
2020/8/31-9/4 VLDB2020 (オンライン開催,聴講)
2020/8/31 最適化とその応用 (オンライン開催,聴講)
2020/8/24-25 数理最適化の理論・アルゴリズム・応用 (オンライン開催)
2020/8/5-7 組合せ最適化セミナー (オンライン開催)
2020/6/9-12 JSAI2020 (オンライン開催)
2020/5/26-28 SoCS2020 (オンライン開催)
2020/1/29-30 SIG-FPAI#112
2019/12/5 Gurobi セミナー
2019/11/4-7 ICTAI2019@Portland
2019/10/18 機械学習工学 国際シンポジウム2019
2019/9/20 第25回ステアラボ人工知能セミナー
2019/9/11-13 OR学会 シンポジウム, 秋季研究発表会@東広島市
2019/7/11-12 SNL2019@日本科学未来館
2019/6/4-7 JSAI2019@新潟
2019/5/13-17 AAMAS2019@Montreal
2019/4/20 ACT-I 成果報告会(聴講)@日本科学未来館 2019/3/14-15 OR学会2019年春季研究発表会(聴講)@千葉工業大学
2019/3/5 深層学習の先にあるもの – 記号推論との融合を目指して(2)公開シンポジウム(聴講)@東京大学
2019/2/22 多様なビッグデータを活用した道路技術研究開発 成果報告会@東京大学
2019/1/29-30 SIG-FPAI#108/IPSJ-AI#171@大阪府立大学
2019/1/11 情報数理学シンポジウムIPS2019(聴講)@大阪大学

Recent

  • 2021/6/16 ITSC2021に論文が採択されました: Okoso, Okumura, Otaki, Nishi: Network-Flow-Problem-Based Approach to Multi-Agent Path Finding for Connected Autonomous Vehicles, to appear in IEEE ITSC2021.
  • 2021/6/2 新しくarXivに論文投稿しました(共著): Kawano, Koide, Otaki: Partial Wasserstein Covering, arXiv 2106.00886.機械学習の開発データと運用データ間のミスマッチを(partial) Wasserstein divergenceで測定し,効率的にデータを補間する手法について研究しました.
過去のニュース
  • 2020/10/25 PRIMA2020にチームの論文が2本採録されました (Online開催).
    • Distance-based Heuristic Solvers for Cooperative Path Planning with Heterogeneous Agents (Otaki, Koide, Okoso, Nishi)
    • Multi-Agent Path Finding with Distination Choice (Okoso, Otaki, Nishi)
  • 2020/5/8 ITSC2020に移動施設を想定した経路最適化に関する論文が採録されました (Nishi, Otaki, Okoso, Fukunaga: Cooperative Routing Problem between Customers and Vehicles for On-demand Mobile Facility Services).
  • 2020/4/1 今年度の人工知能基本問題研究会(SIG-FPAI)の幹事を担当します.
  • 2020/3/28 昨年から取り組んでいる経路計画(AAMAS2019 EA, ICTAI2019)の内容に関して,研究をサマリーした内容がSoCS2020 Extended Abstractに採録されました (Otaki, Koide, Okoso, Nishi: Cooperative Path Planning for Heterogeneous Agents).フルペーパーとしての投稿を計画中です.SoCS2020はVirtualで開催される予定です.
  • 2020/3/24 JSAI2020でFPAIで発表した内容の続きをポスター発表する予定です (インタラクティブセッション2).
  • IPSJ論文誌に採録された論文 "相乗りのための将来需要を考慮した経路最適化" (主著: 大社さん) が特選論文に選定されました
  • 合同エージェントワークショップ&シンポジウム2019 (JAWS2019)において,ITSC2019の論文内容(主著: 大社さん)に関するポスター発表が 優秀ポスター発表賞を受賞しました.
  • The 31st International Conference on Tools with Artificial Intelligence (ICTAI2019, 2019/11/4-7) に 車両連携経路最適化に関する論文 "Multi-agent path planning with heterogeneous cooperation" が採択されました.
  • The 22nd Intelligent Transportation Systems Conference (ITSC2019, 2019/10/27-30) に MAPFを用いた協調型の自動バレーパーキングに関する論文 "Multi-agent path finding with priority for cooperative automated valet parking" (主著: 大社さん) が採択されました. 同論文はIJCAI2019のMAPFに関するWorkshop (The 3rd International Workshop on MAPF) でも発表した内容です.
  • The 18th International Conference on Autonomous Agents and MultiAgent Systems (AAMAS2019, 2019/5/13-18) に 異種車両を想定する連携経路最適化に関する論文 "Cooperative routing with heterogeneous vehicles" がExtended Abstractとして採択されました.